カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

しばらく

PC環境を変更しますので、しばらく書き込みができません。

職場でちょろっと皆様のところが覗けたらいいなあと思ってます。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-30 18:30 | 日記

一人で

d0004951_23325383.jpg

旦那はしゃぶしゃぶで忘年会なので、私は父に貰った
結構良い鰻1匹独り占め。
家で「お一人様うな重」の晩御飯でした。粉山椒が無いのが残念!
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-24 23:32 | 日記

でかっ!

d0004951_19344660.jpg


ちょっと不鮮明だけど、期間限定超Bigなプッチンプリン(300円強)
多分、私は一人では食べ切ることが出来ないかと。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-22 19:00 | 日記

興味の方向

何週か前の「功名が辻」は「関ヶ原の決戦」だった。
東軍西軍が入り乱れて戦う中、私の目は武将達の甲冑に釘付けに。

伊達政宗の三日月(の様なもの)がくっついた兜
直江兼続の「愛」の字が付いてる兜等は知ってたけど
改めてそれぞれの兜を眺めてみると、斬新と言うか、アバンギャルドと言うか
大胆不敵なデザインが多い。
確かに敵は威嚇されるかも、いや、その前にちょっと笑ってしまわないのか?

ともかく、兜の素晴らしいデザインと鎧の精密な美しさに心惹かれ
その手の本を図書館で借りて、今、眺めている最中だ。
つくづく思うのは、日本人はやはり手先が器用で、細かい仕事が好きで
その血は脈々と今のフィギュア文化に受け継がれているような気がする。

甲冑、刀剣、着物、時代劇、神社仏閣、お城・・・
興味はますますそんな方向へ向いていってます。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-21 23:48 | 日記

紫の花が咲く

紫の花が咲いてます・・・
どこに?

数日前の朝、フンフンと調子良く階段を降りていたら
ズリッとスリッパが滑り、ドーンと階段にお尻を打ちつけまして。
痛い、声が出ないほど痛くても、家には私一人で誰にも訴える事も出来ず
そのまま、痛いお尻と腕をさすりながら仕事に向いました。

そして昨日
ふと思いついて、でかいお尻を鏡に映してみると・・・
まるで赤ちゃんの蒙古斑のような見事な青じみが
お尻に咲いておりました。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-14 20:15 | 日記

色気がね

見るつもりはなかったのに、小日向さんに惹かれて見てしまった
「仕掛人 藤枝梅安」

田宮二郎、緒方拳、渡辺謙と続いた梅安さんが、今回は岸谷五朗。
やっぱりどう頑張っても、色気と殺気が足りないと思うんです。
黒い斬新な着物も、真っ赤な着物も田宮二郎が着たら
そりゃあもう惚れ惚れとさせられただろうなと思ったり。
仕掛ける時の緒形拳の目の鋭さは凄かったとか
言ってもせん無いことなんですけどね。

石橋蓮司・浜田学&本田博太郎と言うお気に入りの俳優さんが
ベタベタの分かりやすい悪者で、殺されちゃうって言うのが
それはそれで良かったです。

色っぽいって
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-08 22:00 | 日記
去年の誕生日は、旦那と喧嘩状態で押入れの掃除をさせられた。

でもって、今年の誕生日。
またもや、何故か、押入れの掃除を旦那が始めた。
去年は私専用の押入れだったけど、今年は共有の押入れの片付け。
何の箱でも取っておく旦那にいらない箱を捨てさせ、
いつのまにか溜まってしまう紙袋を整理して、すっきりした。

今年は喧嘩せずにすんだけど、この調子だと来年の誕生日も
押入れの掃除をさせられそうな予感がします(笑)
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-05 20:56 | 日記

仏造って魂入れず

先日、近所の公園の前を通った時、遊具が全然無いことに気付いた。
もう一つの小さな公園には、滑り台が一つあるだけ。
「ゲートボール用の公園?」と思ったのだけど・・・
数日後、安全性に責任が持てないからシーソー、滑り台、鉄棒、ブランコ、
ジャングルジム等の遊具が公園から撤去されていると言うニュースを見た。

親から自治体にクレームが入り、メーカーが安全基準の検査をして
満たないものを撤去しているとの事だった。
ちょっと待ってよと言いたくなる。
私が子供の頃、皆、遊具でガンガン遊んで楽しかった。
うちの旦那はブランコで大怪我したらしいけど、無事に育っている。
「危ないから、汚いから」とすべての物を排除していって、残るものは何だろう?
運動能力、危機回避能力、譲り合いの心、皆で楽しく遊ぶ力加減
そう言うものは、こんな日常で培って行くんじゃないのかな。
私には子供がいないから「心配する親心」が判らないと言われたらそれまでだけどね。

サッカーの川渕チェアマンが、数年後、十数面グランドのある凄いサッカー場を造ると
ぶち上げていたけれど、危ないからと滑り台も滑らせてもらえない子供達が
世界に通用する運動選手になれるとは思えませんなあ。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-04 08:36 | 日記

きもの日和

d0004951_201391.jpg「日本全国きもの日和in北九州」のイベントに参加した。

お昼は小倉城庭園で古い着物の展示や
和裁師さん、紋入れの職人さんの仕事振りを拝見し
お茶を頂き、着付け礼法の先生の講演を聴いた。

夜はビンゴゲーム付きバイキング形式のお食事会。

今年初めて北九州でも「きもの日和」は開催されたのだけれど
思っていた感じとはかなり違ってて…
主催者が呉服屋さんって言うのが、良いにつけ悪いにつけ
一番の問題なんだろうなと思った。

友達とのお喋りと食事と古い着物の展示は楽しかったけどね。

           着物は伯母から貰ったエンジの大島。
           帯は骨董市か質流れかどちらかで買った物。
           長襦袢は母が嫁入り時に誂えた物。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-11-03 22:30 | 着物