カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

うそうそ

日々の生活に追われ、何となく気力が萎えている時は
小さい字とか複雑な内容の本は読めない。
そんな時は「鬼平」とか「剣客商売」の粋な世界にどっぷり浸るか
ファンタジーな、畠山恵氏の若旦那シリーズがいい。

妖(あやかし)を祖母に持つ病弱な若旦那が、色々な不思議な体験をしていくお話。
新刊「うそうそ」は山の神様や天狗達まで出てきて大騒動。
ともかく、楽しくて可愛くて前向きで何となく考えさせられて良い。
読後「あ~面白かった」とにこやかな気分になれる1冊だった。

ドラマ化するなら
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-09-27 20:10 | 読書

濃い

職場の人達と「好きな有名人」の事を話してると
「○さんの好きな人って皆『濃い』ですね」と言われた。

「真田さん」私は濃いとは思わないんだけどなあ。
しかし、以前にも「真田さんは濃いよ」と言われた事がある。
韓流に興味は無いのだけど
「誰が好きかって言われたらチャン・ドンゴン」と答えたら
「韓流の中で1番濃いですよ」と言われ
むかーしは郷ひろみが大好きだったと言えば 「やっぱり…(笑)」と納得され
TOKIOでは長瀬君「いやタイガー&ドラゴンの役が好きだったから」と
言い訳しても聞いてもらえず(笑)
SMAPは草彅君、V6ではいのっちが好きと言ったら 「それはおかしい」と疑われ
やっと薄い好きな人「千原jr」を思い出すと 「どこがいいんですか?」と不審な顔をされた。
(指とか、話とか。あっ、顔じゃない・・・いや、顔も好きです、あの骨張った)

そう言えば、市村さんも吉井さんも皆濃い。(ザ・ロックも)
ついでに旦那も自分自身も濃いかも…
料理も濃い味が好きだし。まっ、仕方ないか。

そして
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-09-24 17:54 | 日記

台風一過

今回の台風は風が凄かった。
家が吹き飛ぶかもと思っていた矢先、プチっと停電。d0004951_1952518.jpg
したかと思ったら点くを数回くり返して、午後8:20頃に
ぶちぃ~と全てが消えた。
待っても待っても復旧せず、仕方ないので懐中電灯と
蝋燭を引っ張り出して過ごす事に。
冷蔵庫の冷気を保つため、なるべく開けることをひかえ
夕飯は「そうめん」(暗がりで料理するのは結構怖い)
音も無く読書も出来ず、友人にメールをしてたけど
よく考えたら「電池」が無くなったらアウトなので、
それもひかえて、仕方なくゴロゴロしていた。

復旧したのは翌日の午前11:10。
本当に長かったです。

教訓:乾電池は全種類揃えておく。
    そして電池で聞けるラジオを常備しておく。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-09-21 19:53 | 日記

迷い道

バスに忘れた日傘を取りにバスの営業所に向かう。
不得意な地域なので、一応地図を持って出たけれど
市のはずれの住宅街付近なので、目印になるような建物が無く
「でも営業所だから、バス停が終わった所だよね」って
思ったのが甘かった。
バス停は終わっても営業所は無く(迂回路でUターンして戻るらしい)
行き止まりの道にはまる事2回。
休日の昼間、素敵なお家が建ち並んでいるけど、
何故か人っ子一人歩いておらず、「どこなのよ~」とあせっていると
天の助けか郵便配達のおにいさまが現れた。
尋ねてみると、最初の曲がり角を間違えていたらしい。

その後はあっという間に営業所に到着し、無事に日傘を受け取った。
また一つ道を覚えたと思えば、迷ったのも良い経験かなと思った。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-09-13 20:37 | 日記

二度あることは

バスを降りてスーパーに入った瞬間、気付いた。
「バスに日傘忘れた・・・」
あとでバス会社に電話してみようと気を取り直して
職場の女の子に買っていくと約束したお菓子のあるコーナーへ・・・
「無い」
安くなっていたので売り切れたみたい。
ちょっと気落ちした帰り道。何となく足元がおかしい・・・
右足を見ると、何とサンダルのベルトが切れている、ひえ~。
用心して早足で家に辿り着く。

お菓子はまた入荷するだろう。
サンダルは安物だし、もう何年も履いて充分減価償却した。
しかし、日傘は地味で年季が入っていても結構お気に入りだったので
早速バス会社に電話してみると、私の乗っていたバスは
まだ営業所に帰り着いておらず、バス会社の男性が
「あったら今夜9時までか、明朝7~8時に電話します。
 だけど、こんなご時世なのでないことも・・・」と。

朝9時過ぎたけど電話が無く、駄目だったのかなとあきらめかけたけど
一か八かとバス会社に電話してみると、何とあったそうな。
「バス会社のおじさんさあ、ちゃんと電話ちょうだいよ~」と
私は自分が忘れた事を棚に上げて、胸の中で毒づいたのだった。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-09-06 19:20 | 日記

馬鹿野郎と言いたい。

私は全くの下戸です。
だから今まで酔っ払いの醜態は散々見てきました。
信じられないような行動&言動。
だけど自分ではちっとも分かってない。
アルコールが身体に入ると、尋常ではなくなると言う事を
しっかり認識して欲しいのです。

あんなに痛ましい事故が起こってるのに、まだ飲酒運転で事故っている人達がいる。
昨日事故った人達は、お子さんはいなかったのだろうか?
飲んで運転する時、事故の事を思い出さなかったのだろうか?

私は、この世からアルコール類が無くなっても少しも困らないけど
それでは楽しみがなくなって困るなら、せめてこれだけは守って欲しい。

「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな!」
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-09-04 20:15 | 日記