カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

孤宿の人

やっと図書館での貸し出しの順番がまわってきた「孤宿の人」
どんな内容か全く知らず読み始めて、意外な展開にどんどん惹き込まれた。

ある問題が小さな藩にもたらす厄災の始まりから収束までを
上層部の思惑、民衆の戸惑い、騒乱、翻弄される人達を
一人の少女の運命を軸に描いている物語は昔の話だけど
今でもありえそうで怖い。

それでも最後に静寂に辿り着き、小さな希望の光が見えた時
人は弱くて簡単に死に、だけど強くて美しい生き物でもあると
思うことが出来た。

そして「サムライ」
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-06-24 17:09 | 読書

あいつの季節

「あいつの季節」
何だか昔の少女漫画の題名みたいだけど、そんなにいいもんじゃない。
衣替えも過ぎ、梅雨入りを迎える時期になるとあいつはやってくる。
黒光りしたボディーを持つニクイ奴(本当に憎いよ)

車を車庫に入れようと、シャッターを上げるとチラッと黒い物が目に入った。
今まさに外から中へ侵入しようとしている「あいつ」発見!
私は車のエンジンもかけっ放し、ドアも開けっ放しで家に駆け込み
殺虫剤を握り締め、あいつの元へ。
いやと言うほどかけまくると隅へ逃げ込んだので、燻り出すようにあたり構わずふりかける。
我慢できなくなって出てきたところを一瞬の躊躇の後、ロナウジーニョのように外へ蹴りだし、
藤枝梅安のように非情に止めを刺した。

何日か後、トイレから旦那の呼ぶ声が・・・
「なんだろう?」と思って行ってみると、壁にあいつが。
「何で自分で退治しない?」と心の中で思いながら、今回は二刀流。
殺虫剤で弱らせ、固める泡を狙い定めて振り掛ける。
さすがに固まったあいつ入りの泡を手で持つのは嫌なので、割り箸で持ってゴミ袋に密封。
一連の作業の間中、旦那は後ろで見物である。普通、逆だろ!

この夏はあいつと何度戦えばいいんだろう。
「Gハンター」の名誉にかけて、絶対逃す事は出来ないのだ。

(私としては、あいつは絶対外から侵入してきてる。と思ってます。)
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-06-19 20:28 | 日記

昼下がりの

晴れ渡った休日の昼下がり
女二人で4時間カラオケへ・・・(4時間でお一人様500円)

2時間半は食べてお喋りに夢中(笑)
「ああ、カラオケボックスだった!」と思い出したように歌う二人。
新しい歌は到底覚えられない昨今。
気付けば「懐かしのメドレー」になっていた。

念願の「タイガー&ドラゴン」を歌い、最後は「スパーク(本人出演)」で締めて
楽しい4時間を過ごしました。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-06-11 01:05 | 日記

好きなんだけど・・・

真田さんがCMに出ている、新発売の「清流七茶」
ファンとしては飲まねばなるまいと、早速購入。
飲んでみたのですが・・・
ごめんなさい、真田さん。好みの違いです。
人それぞれ、求める味覚が違いますよね。
私は多分、もう2度と買わないと思います。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-06-05 20:00 | 日記

理由が

船の出てくる映画がとても好きです。

中で起きるドラマも船本体にも心ときめきます。
自分でも不思議でしたが、前に母から聞いた事を思い出しました。

「うちの家系は小笠原藩のお船方だったのよ」

真実か否か、わかりませんが
美輪&江原さん的に言えば、そこに前世からのつながりがあるような・・・

一度でいいから「潜水艦」に乗ってみたい。
それが私の見果てぬ夢です。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-06-01 15:58 | 日記