カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コーディネート

昨日は着付け教室仲間とお食事会。
久しぶりに着物を着ました。
余裕を持って着られるように、前の晩にコーディネートしたんです。

したんです・・・したはずなのに、いざ帯を締めてみると「地味過ぎ」
「あわわ」となって、箪笥をひっくり返しあれでもないこれでもない。
柄は合っても「角出し」にしようとしたら長さが短くて出来ないとか(痩せないと・・・)
この季節には暑苦しい感じがするとか

色々悩んだ末、出来上がった時には汗だくで、時間もギリギリでした。
まあ、余計な動きをしたおかげでお腹は充分すいて、お料理は美味しく頂けましたが(笑)

久しぶりに会った仲間達と、とても楽しい時を過ごせた晩でした。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-05-30 16:29 | 着物

天才が二人

市村正親&藤原竜也 「ライフインザシアター」を観に行った。
楽しかった。素晴らしかった。

市村さんは老境に差し掛かった役者、藤原君がこれから輝くだろう役者。
今の二人にちょっとリンクした役。
「役者」と言う人たち。老いる悲しさ、若さの輝き、勝手さ、いらつきが
ひしひしと伝わってきた。

お芝居を観る楽しさを教えてくれたのが市村さん。
いまだに観続けていて良かったと思わせてくれた藤原君。
私は彼らを天才だと思います。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-05-25 20:11 | 日記

海猿

久しぶりに映画館で映画を観ました。
1作目、TVドラマと付き合ったので最後まで見届けようと「海猿」へ。

船と海とスペクタクルな映画が好きな私は「ありえんやろ~」とか
「ベタベタやん」とかそういう言葉はぐっと飲み込んで(笑)
伊藤英明君の成長した姿を息子でも見るような気持ちで観てました。
(一番成長したのは「上腕二頭筋」かも・・・)

もう少し上手い女優さんが恋人役だったらいいのに・・・でも
そうしたら伊藤君が食われてしまうので、あれ位でちょうどいいのか?とか
取ってつけたような最後のシーンは私には不要じゃとか思ったりしましたが
スケールの大きな娯楽作、観た後すっきりします。

一番良かったのは、海上保安庁の船とヘリが救助のため
凄いスピードで何台も集まってくる場面。
船好きにはうっとりなシーンでした。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-05-21 22:20 | 映画

女郎蜘蛛

栗本薫著「女郎蜘蛛」

デビュー当時から知っている「名探偵 伊集院大介」はすっかり中年になったけど
身に纏う空気は、相変わらず透明度が高い。
ミステリーとして「絃の聖域」の頃のような、張り詰めた緊張感や
読後の充実感はあまり無い。
今の時代に「名探偵」は合わなくってしまっているのではないかと思えるのだけど
伊集院さんにはそのまま歳を経て、仙人のような名探偵になって欲しいと思う。

「女郎蜘蛛」の重要なアイテムは「着物」
この物語は着物に興味がある人と無い人では、面白さが全然違うと思う。
今現在の着物業界、着物に携わる色々な人が出てくる。
栗本氏は昔からよく着物を着ておられたし、多分、かなり取材をされたと思う。
登場人物の友禅作家、古着屋、着物コレクター等、着物に携わる人々が
今の着物状況について、色んな意見を話す。
それぞれの意見がどれも良く分かるけど、その底には今の着物ブームに対して
批判的な考えが流れているような気がした。
と言う事は、栗本氏もそういう思いなんだろうなと思うのは考えすぎかな?

物語に出てくる「人間国宝が作った幻の友禅」そして「女郎蜘蛛」の着物。
どこかに本当にありそうな気がする。
誰かの箪笥の中でひっそりと息づいているような・・・
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-05-13 15:47 | 読書

色々びっくり

GW中に見た「フォーク懐かしの祭典」っぽいTV番組。
チャンネルを合わせた時、南こうせつ、山本コータロー、海援隊が出ていた。

で、海援隊。
初めて千葉氏(背が高い方)中牟田氏の歌声を聞いたけど
いや、びっくり。
千葉氏はとっても爽やかな歌声、中牟田氏はとっても渋い歌声。
どう贔屓目に聞いても、鉄矢氏より良い歌声なのである。
それでいて、何故に鉄矢氏がヴォーカルを取ることになったのか?
インパクト&説得力?謎である。

一番最後には「トワエモア」と杉田二郎氏が出てきた。
トワエモアのお兄さんは、昔、細くて爽やかで男前だった記憶があり
杉田氏は子供心に「何て小汚いお兄さんなんだ」と思ったような・・・
しかし、今現在、トワエモアのお兄さんは全く「普通のおじさん」で
杉田氏はこざっぱりとスーツを着こなし、ちょっと渋目の素敵なおじさんになっていた。

「人間、わからないものだなあ。私も『こざっぱりしたおばさん』になりたい」と思いました。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-05-11 19:31

GWが始まり

暇なので、以前書き留めておいたシャーベットを作ってみた。
って「作る」なんて、大層なことではない。
豆乳200cc、きなこ大さじ3杯、餡子(缶詰)200gを混ぜて
冷凍庫で固めるだけである。

きな粉が多少だまになっていても気にせず冷凍庫へ。
時々かき混ぜて、はいもう出来上がり。
私はガチガチに凍らせすぎて、また溶かさないと食べられなかったけど
シャーベット状の時は、まあまあ美味しかった。
ちょっと「餡子甘かった」ので、次回作る時は餡子を減らしてみようと思った。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-05-03 14:36 | 日記