カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

京都二日目

朝一番京都駅に向かい、荷物をロッカーへ。
入れるつもりが、バスが京都駅裏側に着いてしまい
表(グランビア側)へ行くのにひとしきり迷い、とうとうお店の人に
尋ねると言う体たらく。夫婦二人して、方向音痴気味である。

まずは銀閣寺へ。
私はこのお寺が何となく好きだ(「向月台」がどうしてもプリンに見えてしまうけど)
順路通りに進むとかなり上まで登らねばならず、2人して息切れ状態。
でも、ようやく辿り着いた天辺から眺める景色はとても素敵だ。
銀閣寺を出て「哲学の道」を陽射しに晒されながら歩く。
次の「法然院」は茅葺きの門が情緒のある寺院で、
観光客も少なく落ち着いた気持ちになれる。
それから、また暫く歩いて「永観堂」へ。
紅葉が有名なお寺だけど、今は緑で溢れていた。
ここには有名な「みかえり阿弥陀様」がいらっしゃる。
前に来た時は紅葉の時期で人が多く、お顔をよく見られなかったので
今回はじっくりと拝見した。
旦那は今回の旅で、このお寺が一番気に入ったらしい。
帰ってから会う人ごとに「みかえり阿弥陀様」の話をしていた。
次は「南禅寺」、この頃になるとかなり疲れてきていて
有名なあの「門」にも登らず、方丈を見学して終わり。
知恩院は門の前で写真だけ撮って祇園方面へ向かう。

More
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-24 22:00 | 日記

京都一日目

さすがに連休。6:40の新幹線のぞみが満席だった。
9時過ぎに京都駅に着き、まずは「三十三間堂」へ。
圧倒的な数の仏像を前に、私は修学旅行の生徒の後にくっ付いて
ちゃっかり引率者の人の説明を聞いていた。

その後私たちには因縁の「金閣寺」へ。
旦那は初めての金閣寺の前でしっかり写真を撮った。
それから、石庭が有名な「龍安寺」へ。
皆、廊下に座り込み思い思いに庭を眺めていた。
偶然にも石の上に蟷螂がいて、より一層風情が増したような気がした。
龍安寺を出て、歩いて仁和寺へ向かう。
が、なかなか着かないので二人して不安になっていたら
やっと看板が見えてほっと一安心。
広い境内を歩きまわった後、昼ごはんをと思ったけど
なかなか良いお店が無く、茶店の「クリームぜんざい」でお腹を
ごまかすつもりが小豆がほとんど入ってなくって、がっくりきてしまった。
それから昼食も取れないまま「妙心寺」に行って、
またもや広い境内を歩き回り、一日目の行動は終了した。

その夜のこと
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-23 20:07 | 日記

八犬伝

八犬伝のキャストが発表されていた。

「犬田小文吾」
現役時代の逆鉾関か寺尾関がぴったりだと思っていたけど
今、演じる俳優なら照英さんしかいないかなと思っていたら当たった。
ちょっと嬉しい。

明日から1泊2日で京都に行ってきます。
大変な強行軍になると思うので、今夜は早寝しないと。
20数年前の修学旅行、他校と喧嘩して「金閣寺」と「平安神宮」に
連れて行ってもらえず
「京都国際会議場」見学でお茶を濁された旦那と私。
私は成人してから自力で京都旅行してリベンジしたけど、
旦那は今回漸く「初・金閣寺&平安神宮」で張り切っている。
しかし、喧嘩した相手が同じ市内の中学校とは・・・
だから北九は柄が悪いって言われるんだよ(笑)
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-22 20:15 | 日記

中居くん

SMAPの中居くんは私の事が好きだった。
だから、まとわりついて離れない。
しかし私には他に好きな人がいて、その人と話したい。
でも彼は私の友達の仲間由紀江ちゃんと話している・・・
夢の中でも恋愛はままならず、そのうち彼は車に乗って帰ってしまった。
でも、中居くんはまだそこに居る。
正直、中居くんの事を「ウザイ」と思った。

と、こんな夢を見た。
中居くんは何度か夢に出てきたが、いつも私の事を好きでいてくれる。
でも中居くんの事を好きになったりしない私。
ごめんね、中居くん。

次の日、今度は原田芳雄氏が夢に出てきた。
あまりの渋さに夢の中の私はKOされた。

次は誰が出てきてくれるのか・・・割と楽しみです。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-16 20:16 | 日記

南総里見八犬伝

「八犬伝」が来春TVドラマ化される。

「八犬伝」と言えば、まずはNHK人形劇。
辻村ジュサブロー作の妖しく美しい人形の数々は、
小学生だった私の心を鷲掴みにした。
八犬士はもとより、魅力溢れる悪役達。黒子の九ちゃんの名調子。
影の主役と言ってもいい「玉梓が怨霊」
私は今でも八つの玉も犬士の名前も言えるし主題歌も歌える。

次に、我が君の映画「里見八犬伝」
若くて爽やかな真田さんは絶品ものだったけど、
玉梓役の夏木マリさんの美しさ、萩原流行氏の蛇っぽさも忘れられない。
あの映画は八犬士より、悪役達の方が魅力的だったような気がする。

それから山田風太郎著「八犬伝」
滝沢馬琴の生涯と「八犬伝」を交互に書き綴って行く形式で
面白さも2倍だった。

そして
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-13 21:00 | 日記

柔の道

最近、気付くと「プライド」や「K-1」を見ている自分がいる。
「もしかして、私って格闘技好き?」

でもって「世界柔道」毎晩欠かさず見ている。
技は殆どわからない。私の嫌いな「呼び名」もまた付いてる。
だけど面白い。1本決まると気持ちが良い。

日本の柔道は「きれい」だと思う。
投げでも足技でも寝技でも美しく1本取ろうと選手達は戦い
決まった時は本当に美しい。
でも外国勢は違う。
駆け引き、スピード。美しさとは程遠いけど勝負にかける執念は凄い。
なりふりかまわず、相手選手を自分の形にさせない。
日本選手が負けた時「自分の柔道が出来てない」と解説者が
よく口にしていたが、見ているとそれはよく分かった。
だから、ずっと気持ちを高く持ち続け勝ち続けた野村、谷選手は
凄い選手なのだと改めて思った。

これからも「美しい1本」を目指す彼らを見続けたいと思っている。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-12 19:52 | 日記

電車男

今日はりおさんと舞台版「電車男」を観に行った。
久々に大笑いした芝居。
万人受けする分かりやすい面白い芝居だった。
冴えない電車男を取り巻く、同じく冴えない毒男達。
りおさんが「電車男はこの際誰が演じてもOK。周囲の毒男達が大切」と
言ってたけど、まさしくその通りで。
色んなものを抱えた男達が、それぞれちょっとずつ前に進む結末が温かい。

武田真治は美しかったし、思い入れのある脇君は立派になってたし
りおさんとユエンさんにも会えたし、抹茶ロールも美味しかったし
楽しい土曜日だった。d0004951_20534429.jpg
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-10 20:39 | 日記

台風

今年初の大型台風通過中。かなりの暴風雨です。
もちろん私の仕事は休みですが、旦那はこんな時こそ出勤しないと
いけない仕事なので会社に行ってます。ご苦労さまです。

あと1時間ほどで最接近。
アンテナとか瓦とか雨戸とか塀とか飛ばない事を祈りつつ
家の中でじっとしていることしか出来ません。

台風被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-06 17:01 | 日記

ヤァー!

RIOさんのブログでちょっと前に話題になっていた掛け声「ヤァー」
小学生の体育の時間、立つ時、座る時、駆け出す時等
私達は「ヤァー」と掛け声をかけていた。
いつの頃からの習慣かはわからないけど、「ヤァー」は連綿と受け継がれていき
昨晩TVを見ていたら福岡出身の田中麗奈ちゃんも「ヤァー」って言ってたって。
「ヤァー」は全国共通の掛け声かと思っていたけど、麗奈ちゃん以外の
出演者(大阪、秋田、関東)は
完全否定していたので福岡だけの掛け声なんだろうか?
そして福岡の小学生は今でも「ヤァー」って言ってるのだろうか?

こんな些細なことでも全然違う。日本は結構広いのですね。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-01 19:20 | 日記