カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

それはないよ

部長、今週中に仕上げないといけない仕事があるって言ったよね?
8月1日までに、間に合わせないといけないって言ったよね?

入社したばかりだし、仕事があるって言うから、あたしはJ・プレミアに
応募するのを我慢しました。
でも・・・待っても待っても部長からの指示は来ず、あたしは昨日も今日もとっても暇でした。
どうしてくれよう、どうしてくれるの、この気持ち・・・
27日をあたしに返してくれよ、部長。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-28 23:01 | 日記

磯のあわびの片思い

私の勤めている会社には「あわび明太子」と言う商品があり
その商品を取り扱う度、頭に「磯のあわびの片思い」と言う諺が浮かぶ。
(年寄りかよ!)

27日に東京で「亡国のイージス」ジャパンプレミアが行われる。
全国からたくさんの真田ファンが集まり、とても盛り上がるだろう。
私も行きたかった・・・今でも行きたいけど、どう考えても状況が許さない。
だけど未練がましく1枚だけ応募してしまった。
案の定当たらなかったけど、それで良かったと思っている。
ジャパンプレミアが素晴らしい集まりになる事を
「亡国のイージス」が一人でも多くの人に観てもらえるように、心より祈っています。

「磯のあわびの片思い」・・・一方だけ恋しく思い、相手がそれに応じてくれない事
今の私の心境だわ。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-24 20:27 | 日記

貴一考(敬称略)

二度目のイージスを観て、色々考えた。
「中井貴一」
素晴らしい役者になったと思う。
デビュー作(多分)「連合艦隊」はガチガチの演技でどうしようもなかったように覚えている。
「立花登青春手控え」の登役も硬かったと思う。
「ふぞろいの林檎たち」で漸くほぐれて、面白さが出てきて
その後は大河やトレンディードラマ等、活躍は多岐に渡り、私が書くまでも無い。
昨年観た舞台「バナナが好きな人」の中でのはじけっぷり・・・
似てるとは言え橋幸夫の歌を気持ち良さそうに熱唱する貴一に、私は尊敬の念さえ抱いた。

イージスの配役は実に適材適所だと思うけど、貴一ならヨンファ以外
例えば渥美(佐藤浩市)、仙石(真田広之)役もこなし
もっと年齢を重ねれば宮津(寺尾聰)瀬戸(岸辺一徳)梶本(原田芳雄)役も
演じられるのではないかと思ってしまった。
硬そうなのに意外と何の役にもはまってしまうんじゃないかと思う。

ヨンファと言う男は、冷徹で冷酷、ほんの少し垣間見える人間味、国を思う心
そんな物がごちゃ混ぜになってかなり魅力的で・・・ちょっと色っぽい。
(多分私はクールさの中に色気を感じるのだと思う)
真田さんや浩市さんの比ではないけれど
貴一を「色っぽい」と思う日が来るなんてとちょっと驚いている。

真田さんが主役なのに、改めて貴一の良さをも感じさせてくれる「亡国のイージス」
次回はどんな発見があるのだろう?楽しみである。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-23 16:39 | 映画

ありがとう

私が深くネットと関わるようになったのは「着物」と「ごくせん」があったから。
この二つのおかげで、たくさんの仲間と知り合うことができた。

「ごくせん」のおかげで、書く事の楽しさや人と出会う事の素晴らしさ
そしてネット世界の色んな事を学ぶ事が出来た。
もう世の中の「思い出」になってしまいそうなあのドラマ。
でも私は「やわらかな思い出はあそこにしまって」
心の中にザ・イエローモンキーと一緒に大切にしまっておきたい。
そして、いつでも取り出せるようにきちんと磨きをかけておくよ。

集う場所をずっと提供してくれていたR@sunasunaに深い感謝の意を捧げます。
お世話をかけました。そして、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-21 00:16 | 日記
今晩は、2度目の「亡国のイージス」の試写会へ行った。
今回は真ん中辺りの正常な位置で鑑賞したおかげで、一層映画を楽しめた。

真田@先任伍長は孤軍奮闘しているので、いつも肩で息をしている。
あっちこっち走り回って慣れない戦闘をしてどんどん疲れてくる。
どんどん疲れてくると目の下の目袋が、まるで岸辺一徳氏のように膨らんできて、実にリアルである。
そして疲れている先任伍長は、何だか色っぽく
最後の手旗信号のシーンでは、駆け寄って抱き締めてあげたくなってしまった。

「先任伍長、いただきました!」
これは先任伍長が命令を拝命した時の言葉だけど
私は・・・
「先任伍長いただきました」(と言ってみたい)
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-19 23:30 | 映画

夏風邪

強烈な夏風邪を職場でうつされまして、今日は仕事を休んでいます。

久しぶりに「笑っていいとも」をオンタイムで見られて、ちょっと嬉しい。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-15 12:08 | 日記
働き始めて一月半。漸く仕事にも慣れ、同僚と会話する余裕も出てきた。
一人は前からいる2つ年下の女性。
一人は私よりちょっと遅れて入った18歳の女の子。

女三人、盛り上がる話題と言えば「男」の話である。

18歳「○さんは、誰が好きなんですか?」
私「真田広之」
18歳「・・・名前は知ってるけど、顔は判らないかも・・・」
私・・・大ショック
18歳「あの『大手の俳優さん』ですよね?」
私「大手って(笑)、一部上場企業じゃないよ~」
もう一人「でも、大手って言えば大手かも。大物だし」
私「確かに。一部上場でインターナショナルかもね~」

その後、私の携帯待受けの真田さんを見せると
「顔は知ってます、でも何で見たかはわからない」との事。
DVDを持っているなら「ラストサムライ」と「たそがれ清兵衛」を無理やりにでも
貸し付けようと、今、思っている。

私「じゃあ、○さんは誰が好き?」
18歳、おそるおそる「成宮君、知ってます?」
私「ああ、ナリ?(まるで友達のように)私、舞台見た事あるよ」
18歳「え~~、すごーーい。あと亀梨好きなんです。カッコいいですよね!」
私「亀ね・・・」
18歳「赤西君のほうが好きですか?」
もう一人「2人の会話に付いていけんわ・・・」

明日18歳の女の子がまたどんな面白い事を言ってくれるのか、楽しみである。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-13 00:44 | 日記

電車男

TVドラマ「電車男」を見た。
ネット世界の書き込みと言う、新しい世界を扱ってるように見えて
結局は冴えない男の子と美女の「王道の恋愛ストーリー」に
なっていくんだろうなと思いつつ、割と面白く見ていたのだが

一つだけどーしても受け付けないのが
「アキバ系」と言うか、秋葉原の風景と言うか
ネットアイドルの撮影会とか、コスプレの喫茶店みたいな所とか
そのシーンを見たとき、ふと頭に浮かんだ台詞は

「この国は一度滅んだ方がいい」 by亡国のイージス

ハープーンを撃ち込んでやろうかと思った(笑)

でも「はまる」とトコトン行くのが日本人の性分なのか?
ジャニーズ、韓流、アキバ系、アイドル、宝塚、格闘技・・・
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-10 19:49 | 日記
だけど、真田さんの魅力には勝てず「最前列」を陣取った
「舞台挨拶付き亡国のイージス試写会」

映画は、まあ私は「船物」が好きなのでその分を割り引くとしても
良く作られていると思った。
難題を突きつけられても、中々状況を把握出来ず
「さあ、どうする?」と大の男達が迷う。
ありえない話ではなく、最近の世界状況からしてみればあっても不思議は無い。
現実に日本でこんな事が起きたら、どうなるのかと考えさせられる。
そして、話し合いの場でも戦いの場でも日本の女の出る幕は全く無かった。
そこが何となく悲しい。

ビジュアルとしては、幹部達の白い制服姿(吉田栄作の脚の長さは驚き!)と
イージス艦の威容が素晴らしく
全く個人的な好みで谷原さんの最後のシーン。
彼は血を流して死んでいる姿でさえ、爽やかである(笑)

真田さんはすっかり「中間管理職のおっさん」になり切り、頑固なオヤジを熱演していた。
「適材適所」とはよく言ったもので、貴一さんも浩市さんも見事だった。
でもって、相変わらずの岸辺一徳氏。良い味出してました。
そうそう、春田純一さん「国土交通大臣」役。出世したなあと嬉しかった。

舞台挨拶のレポは一緒に鑑賞した沙紫夜さまや零一さまが書いて下さったので
零一様の生真田レポ
(otherの試写会「亡国のイージス」をご覧下さい)

私の全く個人的な感想を
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-07 20:36 | 映画

永遠の

明日はわたくしの「永遠のアイドル」真田さんのお姿拝見に行って参ります。
早退の許可も早々に取り付け、双眼鏡の準備も万端。
明日一日だけお天気も回復しそうだし。

良い席で見られる事を祈りつつ、体調を万全に整えるため
今晩は早めに就寝いたします。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-07-05 19:51 | 日記