カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

囁いてくれ

「耳元で囁いて欲しい人」の5人目
大事な人を忘れていた。野村萬斎氏である。
耳元で囁いて「呪」をかけてほしい・・・ほとんど馬鹿である(笑)

谷原章介、遠藤憲一、竹野内豊、津嘉山正種、野村萬斎
私はどーも「低音の魅力」に弱いようである。

これが「歌」になると、また別で
その昔のフォリナーとかロバート・プラントとかジャーニー
クリキンの田中さん、小田和正、小林旭、アルフィーの高見沢&桜井とかの
金属的な所謂「ハイトーンボイス」が好きだ。

むかーし、前の会社に入社したての頃
いつも電話する他の部署に物凄く声の良い男性がいた。
声優みたいな声のその人をまだ見ぬ女性達の想像は大きく膨らんでいた。
そして・・・「息だけは福山雅治なのよね~」
まさにあのCMと同じ状態だったのであった。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-30 23:56 | 日記

長瀬考

虎児にすっかりヤラレタ私は
「私は長瀬君が好きなのか?」と自問自答。
昨日「鉄腕ダッシュ!」をしみじみと見た。

結果・・・私は「俳優:長瀬智也」を好きだと言う事がわかった。
あくまでも「俳優:長瀬智也」である。
って言うか、ほとんど「山崎虎児@小虎」を好きなのである。

また一つ「心に残る大好きなドラマ」が増えました。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-27 20:25 | 日記

復活

1年ぶりに働きはじめて「ぷち有閑まだむな生活」もお終い。
お昼のエアロビに行けなくなった。
その途端、肩凝り復活!
日々の適度な運動がとても大切なんだと、しみじみと感じている。

気付いた時に自分で肩をストレッチしてるけど、間に合わない。
この前はちょっとだけ「一人エアロビ」
家の中を覗いた人がいたならば、きっと笑えたと思う(笑)
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-26 20:30 | 日記

またもや

短く夢の話

夢の中で私は黒縁めがねをかけた男性と付き合っている。
彼氏候補は2人いて、そっちを選んだ。
しかし、その男は「おぎやはぎ」の小さい方
何で唐突に「おぎやはぎ」・・・
お笑い系でめがねをかけた細身の男なら、アンタッチャブルの痩せてる方が
まだ好みなのになあ。

先週見た「99」の番組で、若手お笑い芸人を集めてビーチーバレーチームを作っていた。
私は彼らの水着姿を見て(自分のスタイルは棚に上げて)
「皆、太ってないけどスタイルわる~~い」とけなしていた。
その中に「おぎやはぎ」もいて、その姿が深く記憶に残っていたのからか?
などと、理由を色々考えてみた。

「おぎやはぎ」未だにどっちが「おぎ」でどっちが「やはぎ」か解らない。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-23 01:09 | 日記

頑張れ♪

金曜日体調が悪くて仕事を休み、家でぐったりしていたら
隣の高校から歌声が聞こえてきた。男の子達がアカペラで歌っている。
「文化祭の練習?」
聴くとはなしに聴いていると、サビの部分がどうも上手くいかないようだ。

「僕には~~~」
まるで鶏を絞めているように、声が裏返っている。
楽曲は「ケミストリー」のもので
「そんな難しい歌選ぶからだよ~」と思いながら
どんな子達が歌っているか、2階の窓から覗いてみると
校舎の裏側に体育会系の色黒な男子が5人いた。
何度も何度もサビ部分を練習する彼ら。
「上手く歌えるかなあ」と人事ながら心配だった。

土曜日、ちょうど洗濯物を干していると昨日の曲が聴こえてきた。
体育館の中で歌っているので、小さくしか歌声は聴こえないけど
声もそんなに裏返らず、なかなか上手に歌えていた。
「よかったね」私もほっと一安心だった。

しかし!彼らの次はとても綺麗な声の女性コーラスで・・・
先に歌ったほうが良かったか、悪かったか・・・(笑)
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-19 19:00 | 日記

やられっぱなし

何にやられたかと言うと
昨夜の虎児(長瀬君)の最後の場面の笑顔と竹野内豊の声と髭面。

虎児は本当に綺麗な笑顔だった。
「忘れられない人」でクリスチャン・スレーターがやった役を演じてもらいたいと唐突に思った。
あの短パンはいて歌ってた子がねえ。
「ふぞろい」ではニキビ面で朴訥な地方青年を演じてたよなあ。
確か米大統領の名前も知らなかったのに。
「長瀬君、成長したなあ」と一人感慨に耽っていた。

竹野内豊は私の「耳元で囁いて欲しい人№5」に入っている。
他は、谷原章介、遠藤憲一、津嘉山正種
えーっとあと一人は・・・ 考えておきます(笑)
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-18 23:48 | 日記

年齢を重ねると

昔は泣かない子だった。
人前で泣くのなんて絶対嫌だった。卒業式でも泣かなかった。

30歳を過ぎた頃か、涙腺が緩くなってる事に気付いた。
まずドキュメンタリーや映画を見て、鼻の奥がツンとする事が多くなり
年齢を重ねるごとに、それがドラマや小説など範囲がどんどん広がってきた。

そして、先週の「御宿かわせみ」
哀しく美しい兄弟愛(鷲生功、岡田義徳)のお話で、思わず涙してしてしまった。
一人で見ていたせいもあるけど(未だに誰かがいると泣くのを我慢してしまう)
まさかあの「かわせみ」で泣くとは・・・
まさか岡田@「木更津のうっちー」に泣かされるとは思わなかったよ(笑)
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-16 22:00 | 日記

時代劇を想う

「時代劇のヒーローたち」と言う本を読んだ。
鬼平、半七、鞍馬天狗、丹下左膳、机龍之介etc
15組の時代劇の主役達の原作(現実)説明と映画、ドラマ評が書かれていた。

「半七捕物帳」は、捕物小説の先駆けであり、
失われていく江戸の残り香を今日に残していこうとする偉大な小説だそうだ。
(生憎と私は読んだ事が無いけど)

さて「半七」と言えば、真田さんも演じていた。
しかし、私は何故か好きなくせに1回しか見ていない。
どうして見なかったんだろう?と考えてみるけど分からない。
違うドラマを見ていたのか、相手役が気に入らなかったのか・・・
とにかく、もう、うろ覚えである。

「時代劇とヒーローたち」には
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-14 20:08 | 日記

違うよ~

昨晩は1週間のお楽しみ「タイガー&ドラゴン」の日
ゲストは北村一輝さん。前に私の夢の中で一緒に「地球防衛軍」をやった人だ。

話も終盤に差し掛かり、ボコボコにされた北村さんの顔がアップになった。
旦那「これ、あの人?」
私「は?この人北村一輝って言う俳優さんよ」
旦「え~、あいつじゃないと?」
私「(あいつじゃわからん)いっこく堂じゃないよ」
(糸井重里さんの事務所の人がいっこく堂さんと間違ってたので)
旦「違うって、俺の好きなロックンローラー。派手な奴」
私「だれ・・・?」
旦「あの変な顔の奴と親戚の、ほら~」
私「あ~~、ローリィー?」
旦「そうそう、ローリィーかと思っとった。似とるよね?」
私「まあね、どっちも濃いし」

ローリィーを思い出せないのも駄目だけど、「変な顔の奴と親戚」ってあんた・・・
ごめんね、まっきーm(__)m
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-11 19:58 | 日記

メンクイ

福山雅治、TOKIOの山口君、伊藤英明
この3人は、旦那のお気に入りである。
月9も結構見ているので、キムタクもちょっと好きなのかもしれない。

女性で好きなのは松下由紀、西田ひかる
スレンダーな美人!って感じより、グラマラスな方が好きらしい。

男性に関しては、ひょっとしたら私より面食いかもしれない。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-06-07 20:30 | 日記