カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

再びの

土曜日「ラストサムライ」が放映されていました。
DVD持ってるしと、他の番組を見ていたのですが・・・
「そろそろクライマックスだよなあ」と思うと我慢出来なくなり、チャンネルを変えました。
折りしも、戦が始まる直前で
トムと小雪がキスしたり、トムが謙さんから刀貰ったり、福本さんがチラッといたり
真田さんが戦いの舞を舞い、ついでにトムの鎧をチェックして、うんって肯いたりetc

で戦が始まり、たいそうな事態になってるのにトムと謙さんは会話を楽しんでて
「昔100万の敵に300人で立ち向かって行き、退却させた奴らがいる云々」と
トムが言うのですが、私、今回初めてそれが「スパルタ」のことだったと判りました。
「300」のおかげです。

冷静に見ていると、結構トムも謙さんも真田さんも撃たれたり突かれたりしていて
よくこれで死なないよなあと思ったりもしたんですが
クライマックスシーンはやはり胸に迫るものがあります。
謙さんはトムの腕の中で満開の桜が散るのを見ながら
字幕版では「パーフェクト」と言って息絶えるのですが
今回は吹き替え版だったので「見事だ」と言って死んでいきます。
スパルタの話のシーンと引っ掛けてるのはわかりますが
「パーフェクト」より、やっぱり「見事だ」の方がしっくりきて
漸く納得できた気分になりました。

とまあ、ひさしぶりに「ラストサムライ」を見てのそんなこんなでした。
[PR]
by sanaogu-55 | 2007-08-23 16:06 | 映画