カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

もったいない

アフリカの女性政治家だったか、ノーベル平和賞貰った人だったか
その方のスローガンは日本語で「もったいない」だそうだ。
地球環境を考えるのにとても良い言葉だからと言われてましたが、
本家の日本は色んな事で勿体無い事ばかりしてるような気がする(勿論、私も含めて)

今期のドラマもバタバタと最終回を迎えている。
他人事だった「救命病棟」の設定が自分の身に降りかかった事に驚き
「優しい時間」は落ち着いた気持ちにしてくれ、
「みんな昔はこどもだった」ではタッペイ君のホッペに噛み付いてすりすりしたいと思った(笑)
「金八先生」を20年ぶりに見て、今の中学生ってこんな感じ?と驚き、最終回ではちょっと泣いた。

そして「ごくせん2」・・・



九条先生の扱いが実に勿体無い。何とも中途半端な扱いだったような。
他の先生達も勿体無い。あれだけ揃えたのなら、もっと話しに絡めても良かったのでは。
生徒達も勿体無い。3Dは5人組+その他大勢のようで、一人一人の顔が全然見えてこない。
教室の落書きに彼らは同化していたような気がする。折角オーデションで選んだのなら、
もっと活躍させてあげたかった。
テツも勿体無い。ミノルとの掛け合いは大好きだけど、彼のもっと「男」な部分を見たかった。

自分達が卒業式に出ないからヤンクミを辞めさせないでくれと言う生徒達。
私が「あんだけ嫌味な校長がいるんなら、無理して黒銀に残る必要は無い。
3Dは卒業できるんだからヤンクミはさっさと辞めて違う学校に行ったほうが良い」と言うと
旦那から「何、現実的な事を言い寄ると。それじゃドラマにならんよ」と言われた。
そりゃそうだけど。卒業式のその日まで「退学」で話を引っ張る設定にちょっとうんざりし、
ヤンクミの啖呵が「黄門様」の印籠のように思え、心に響かない私は汚れちまってるのか?

ただ一人変わらない男、猿渡吾郎。いかにも「教頭らしい教頭」でも心のどこかが温かい人。
ラストシーンは先生版フーテンの寅さんのようで・・・

「このまま2人は日本中を『流れ教師』となって巡って行ったのでした おしまい」
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-03-25 23:00 | 日記