カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月よりの使者

スーパーやドラッグストアの生理用品売場に行くと
その種類の多さに圧倒される。
昼用、夜用、多い日、少ない日。微妙にちょっとずつ大きさや形状が違う。
多分、こんなに多種多様な製品があるのは日本だけではないかと思う。
これも日本人の職人気質の表れだろうか。
私が以前乗ったオーストラリアの航空会社の飛行機に備え付けられていた物は
大きくてごわごわしていた。
香港では日本製品と同じようなパッケージの物が売られていたのを見た。
韓国や台湾、中国ではどうなんだろう?
ネットで少しだけ調べてみた。

欧州では値段の差が激しく、良い物はかなり高額で安い物は製品的に悪いらしい。
米国はタンポン派が6割を占めるらしい。

気になる記事もいくつか見付けた。
その材質に人体に危険を及ぼすものが含まれているかもとか
使い捨てることが地球環境に悪影響を与えるとか
色んな問題が出てきているようだった。
環境問題と人体への影響を考えて、何度も使える「布ナプキン」と言う物があることも
初めて知った。
地球と自分の体の事を考えるなら、布ナプキンにするべきなんだろうけど・・・
正直、手軽さを捨ててしまうのは難しいです。
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-03-27 00:16 | 日記