カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

合掌

物覚えの悪い私の記憶に残っている昔のドラマと言えば
「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」「時間ですよ」「ムー」etc
けっして恋愛ドラマではなく、コメディータッチで、ちょっと哀しく
時にはブラックで時には温かかったドラマ。

久世光彦さんが亡くなり、改めてあの頃のドラマを思う。
力技ではなく(貫太郎でも)緻密に計算された脚本と演出で
今見ても多分斬新なのではないでしょうか?
ハマさん、ケンちゃんコンビ、曰くありげな小料理屋のママ
ジュリーのポスター、細川俊之&たこ八郎のヤクザ
「足袋屋さん」と言う職業、ひろみくんのはじけっぷり
あの一連のドラマ達が確実に私の血となり肉となっていると思う。
久世さんのご冥福をお祈りいたします。

菅井きん@母親に、マザコンでイ○ポの青年が
毎回精神科カウンセラー(阿木耀子?)の元に連れられて行く。
彼の名はくにひこちゃん。台詞は「ママン」だけ
彼をはじめて見た時の衝撃は今でも忘れられない。
こんなに気持ちの悪い俳優さんがいるのかと本気で思った。
そのくにひこちゃんが最終回でいきなり立ち上がり
長台詞をとつとつと切々と喋りきった時の衝撃も忘れられない。
彼の名は「柄本明」
今では素晴らしい俳優さんだと思っている。
多分ひろみくんのドラマだったとは思うけど
どなたか、このドラマが何だったか覚えていませんか?
[PR]
by sanaogu-55 | 2006-03-13 20:50 | 日記