カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

貸し本屋さん

子供の頃、近所に貸し本屋さんがあった。
親戚のおばちゃんによく連れてってもらった。
肉まんやお菓子を買ってもらい、漫画を借りて帰るのがとても楽しみだったけど
小学校を卒業する頃、お店のおじさんが亡くなって店は閉じてしまった。

少し経ってから母が貸し本屋さんを見つけてきた。
そこは老夫婦がやってるお店で、イイ感じの爺ちゃんは
たくさん借りたりすると計算するのが面倒になって、よくおまけしてくれた。
爺ちゃんが亡くなってもお婆ちゃんが一人でやっていたが
寄る年波には勝てず、店を閉めることになった。
その頃私はもう実家を離れていたが、最後の記念に本を借りに行くと
お婆ちゃんは母子でいつも借りてくれてたからと言う事で
無料で大量に貸してくれた。嬉しかったけど、ちょっと寂しかった。

それ以来、「貸本やさん」ってもう消えていく職業なんだろうなと思っていたら
なんと、車で5分程の所にあるのを見つけてしまったのだ。
早速「会員」になってポイントカードを作り(ここいらが、今風)
旦那は「バガボンド」私は「百鬼夜行抄」を借りてむさぼるように読んだ。
お店番はイイ感じのお姉さんで、多分近くに大学があるから成り立ってるんだと思う。
次は「エロイカより愛をこめて」を借りる予定。とっても楽しみである。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-10-17 20:00 | 日記