カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

京都二日目

朝一番京都駅に向かい、荷物をロッカーへ。
入れるつもりが、バスが京都駅裏側に着いてしまい
表(グランビア側)へ行くのにひとしきり迷い、とうとうお店の人に
尋ねると言う体たらく。夫婦二人して、方向音痴気味である。

まずは銀閣寺へ。
私はこのお寺が何となく好きだ(「向月台」がどうしてもプリンに見えてしまうけど)
順路通りに進むとかなり上まで登らねばならず、2人して息切れ状態。
でも、ようやく辿り着いた天辺から眺める景色はとても素敵だ。
銀閣寺を出て「哲学の道」を陽射しに晒されながら歩く。
次の「法然院」は茅葺きの門が情緒のある寺院で、
観光客も少なく落ち着いた気持ちになれる。
それから、また暫く歩いて「永観堂」へ。
紅葉が有名なお寺だけど、今は緑で溢れていた。
ここには有名な「みかえり阿弥陀様」がいらっしゃる。
前に来た時は紅葉の時期で人が多く、お顔をよく見られなかったので
今回はじっくりと拝見した。
旦那は今回の旅で、このお寺が一番気に入ったらしい。
帰ってから会う人ごとに「みかえり阿弥陀様」の話をしていた。
次は「南禅寺」、この頃になるとかなり疲れてきていて
有名なあの「門」にも登らず、方丈を見学して終わり。
知恩院は門の前で写真だけ撮って祇園方面へ向かう。




行きたかったお香の店へ寄った後「八坂神社」にお参りし
「ねねの道」を歩いて清水寺方面へ。
途中横道に入ったら、良い雰囲気の小道で
「石塀小路」と言って、今注目の場所らしかった。
体力も残り少なくなっていたので、高台寺も霊山神社もパスして
清水寺へ向かう。
徐々に人が多くなってきて・・・参寧坂は芋のこを洗うよう。
清水寺に着いても、あまりの人の多さに何の感慨も抱けず
旦那は「清水寺ってこんなんやった?」と記憶の違いに首を捻り
朱印をしてもらって早々に引き上げて、京都駅に向かった。

お寺巡りは好きだけど、2人分の拝観料と朱印料は馬鹿にならない事を
思い知らされた旅だった。
だけど、京都にはまた必ず行きたいと思っている。
[PR]
by sanaogu-55 | 2005-09-24 22:00 | 日記